賃貸でも売買でも

一般的に自営業者や、経営者、起業家は

給与取得者にくらべると

借りにくい、住宅ローンが組みにくいイメージがありますよね。

やはり、それは、自営業者経営者、起業家は安定性に欠けると判断されているからです。

でも悲観的になることは全くありません!!

銀行の重要視しているポイントを知るだけで、

そのハードルを難なくクリアできる可能性があります。

いまからお伝えする3つのポイントを抑えてから、

住宅ローンの申込みにのぞんでください。

①業績や年収を安定させる(特にローンを申し込みたい年の過去3年間)

収入が安定しないことが審査に通りにくくなる一番の要因です。

本当に継続して事業をやっているのか?といった実績が求められます。

一時的な高い年収ではなく、継続的かどうかが重要です。

住宅ローンは長期間にわたって返済していくものですので、

毎年年収が安定していることが重要ポイントなのです!

⚠︎確定申告の所得金額を安定させるようにしてください。

住宅ローンの利用を考えている方は節税で利益を少なくしようとせず、最低3年は収入を安定させるください。

②できるだけ多くの購入資金をためる!

銀行はリスクを一番嫌います。出来るだけ、多くの頭金を用意することで、

しっかりお金を貯められる人というアピールもでき、借入額が少なければ

その分住宅ローンの審査も通りやすくなります。

③現在、かかえている借金をできる限り減らす!

自動車ローンを組んでいたり、クレジットカードの支払いを滞納している場合、

信用情報機関を通じて、それらの情報が全て共有されています。

既に借り入れがある人は正直に申告するようにしましょう。

また、事業でも借入資金をなくすことも、

住宅ローンの審査を通りやすくするためにプラスになります。

いかがでしょうか。

住宅ローンの利用を検討している自営業や経営者の方は

今日から少しずつ金融機関に好かれる”見せ方”を実践していってほしいと思います!


ご依頼やご質問は、以下のフォームからお問い合わせくださいませ。